自分でも出来る!ドライヤーを使ってサロンのようなサラサラの髪に

サロン帰りはサラサラの髪なのに、家でブローすると上手くいかないなんて悩んでる人も多いかと思います。そこで今回はドライヤーを使って自分でも髪をサラサラにできる方法を紹介します。

■間違った髪の乾かし方

ドライヤーなんてめんどくさい、熱いからイヤ!なんて言っている人はいませんか?

髪は濡れた状態で長い時間がたつと、雑菌が繁殖しやすくなります。雑菌は匂いや頭皮のトラブルにもつながります。さらに髪が濡れているということは、キューティクルが開いた状態ということ。そのままにしてしまうと、摩擦などでキューティクルがはがれおち髪を傷めてしまいます。

ドライヤーをかけたとしても、かけ方が中途半端で頭皮が濡れている状態が続くと、頭が冷え、頭皮の血行が悪くなり薄毛の原因にもなりかねません。

逆に念入りに乾かそうとして、一か所に集中してドライヤーの熱をあててしまうと、髪や頭皮を傷めてしまい、切れ毛や抜け毛といった髪のトラブルにつながってしまいます。

■上手なドライヤーの使い方のポイント

では上手なドライヤーの使い方とはどういったものなのでしょうか?

まずはしっかりタオルドライを行う。タオルを使うといっても力任せにゴシゴシ拭くのではありません。そんなことをしてしまうと濡れた髪同士が摩擦をおこし傷んでしまいます。髪をタオルで軽く包みこみ、優しく水分を拭き取りましょう。

次からがドライヤーの出番です。髪に温風を当てていくのですが、まずは根元から乾かしていきましょう。

毛先は一番ダメージを受けやすい部分です。根元から乾かすことによって徐々に熱が伝わっていき、毛先のほうまである程度乾いていきます。毛先は後で軽くドライヤーを充てるだけで済むのでダメージを最小限にとどめることができるのです。

全体的に乾いてきたらドライヤーの風を冷風にチェンジ。冷風をあてることによりキューティクルが引き締まりサラサラ、ツヤツヤの髪に変身してくれます。

いかがでしたでしょうか?この方法で毎日ケアしていると、どんどん髪がサラサラになっていきますよ。

ぜひトライしてみましょう!